ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今年もやってまいりました。

まだ国民の日にはなってないけれど(笑)




ますますエイトの事が好きになっています。わはは。
LIVEに行く回数が減ったりとかしてるけど、好きな気持ちは膨らむばかり。
TVを見ても、ラジオを聞いても、雑誌を読んでも、Webを見ても
やっぱり好きだ――――――――!って気持ちになるけれど
一番強く感じるのはLIVEで。

ついこの間終わったツアーでも、色んな気持ちにさせてくれた。
eighterは、大切に想われてるなーって感じた。
それがもし少しの錯覚だったとしても、受け取る側がそう思えるって幸せなことだと思うのです。

今回のツアーで、エイトで集まってご飯を食べに行って
色んな深い話をして、またより一層結束が深まったと言ってます。
メンバーがそれぞれ、 「 関ジャニ∞ 」 というグループを愛していて
大切だと思っていることを話してくれる度に嬉しく思います。
そして、応援してくれる人達をも愛しく大切に思ってくれている。

最終公演の地、大阪で披露してくれた 「 ひとつのうた 」 。
この曲で、ワタシはずっとスクリーンに流れる詞を見つめていました。

ワタシは、サザンオールスターズの 「 旅姿六人衆 」 という歌がとても好きなんだけど
これはサザンから、スタッフさんとファンへ向けての曲なんですよね。
今までも、エイトの姿が投影されているような詞の曲があって
鼻がツーンとなるようなフレーズもたくさんあるんだけど
まさに、今回の 「 ひとつのうた 」 は、関ジャニ∞からeighterに向けての言葉が散りばめられていました。

なんだかちょっと泣きそうになりながら聞いて ( 読んで ) た時、
ひとつのフレーズに胸がギュッとなりました。

「 ここから見えるもの この景色はね 宝物だよ 」

ステージ上で、そう歌ってくれた。
そこから見える景色は、満天のペンライトの星空と、ペンライトの海、そしてeighterの顔。
それを宝物だと歌ってくれる。
その後に続く言葉も、鼻の奥がツーンとなりそうでした。

誰が書いてくれた詞なのかわからないけど、この歌がeighterの宝物になると思うし
何より、ワタシ達が見ている、この景色も宝物なんだよ。

そして、いつもエイトが歌っている所を代わりにeighterが歌うことはたくさんあるけど
この曲のコーラスは、eighterのパートだと。
ここをエイトが歌うことは決してなくて、eighterが歌うことでこの曲が完成するんだよって。
今回は、たまたま大阪だけでの披露だったけど
次にLIVEがあった時には、各地でエイトとeighterがひとつになって歌うんだろうなぁって思うと
すごく楽しみで嬉しい。
こんなことを考えてくれたことがとても嬉しいと思います。

また宝物が増えました。


変わりゆくモノもある。
そして、変わらないモノがたくさんある。

どうか、たくさんの人に愛される関ジャニ∞でいて下さい。
そうして、いつまでもワタシの心を掴んで離さない素敵な人達でいて下さい。

またあの景色を見に、逢いに行くのを楽しみにしています。

いつもありがとう。
8→1


hiromi




















hiromiにだけ内緒の話



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 A candy and a whip, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。