ADMIN TITLE LIST
ヒヨの復帰作となる 『 一瞬の風になれ 』 に亮ちゃんが友情出演することになり
J-Webに亮ちゃんのコメントが掲載されました。


読みながら
亮ちゃんが、物凄く喜んでる笑顔が浮かびました。


ワタシはエイトが好きなので、偏った物言いになっております。
ご了承頂ければ幸いです。




ワタシが亮ちゃんを好きになった時には、ちょうどNEWSが結成された時期でした。
亮ちゃんとヒヨだけが、2つのグループを掛持ちするという特殊な立場でした。
ワタシが初めて観たのは、2003年松竹座でのエイトのXmasParty。
その時にJ-WebにUPされた初日後の感想に

「内と、NEWSに入ってから初めての“関ジャニ8”としてのステージ。
(ファンに)拒絶されるかとびびったけど、受け入れてもらえてよかった」


他の皆とは違った、亮ちゃんの、きっと本音がなんだかね、、、。
こんな想いをしないといけないんか、、、と切なくなったのを覚えています。

ジャニーズ始まって以来の異例なだけに、意地悪な質問もよくされていたし
ホントに二人でワンセットで、二人にしか分かり合えない事がたくさんあったと思います。
インタビューでも、亮ちゃんは
「 内が居ないと何もできない。自分にとってはかけがえの無い存在。
  自分も内にとってそんな存在になりたい。 」
みたいな事を言ってたし、本当にそうだったと思います。

あの頃
ヒヨが肺気胸で舞台を降板し、入院した時。
気付いてあげれなかった自分を悔やみ、毎日お見舞いに行ってた亮ちゃん。
エイトの皆がドッキリで(結局バレバレだったらしいけどw)お見舞いに行った時、
仕事で東京に居てるはずのヒナちゃんも来てることに驚いて
泣いてしまったヒヨを見ながら、一言も喋れず背を向けて涙ぐんでた亮ちゃん。

無事に退院し、ドラマ現場にヒヨが復帰した時の
嬉しいくせに、悪態ついて(笑)でもすっごく嬉しそうだった亮ちゃん。

その後の事件。
その日は、朝からヨコ・ヒナ・すばが関西での生放送に出演でした。
少し強張った表情だった最初 ( 生放送故か ) 、それでもいつもの通りの三馬鹿兄さんズでした。
うっそー!えー?ホンマに!?ぐらいの第一報から
どんどん笑えなくなり、代わりに涙が込み上げてきて平静を保つのもやっとでした。
辛かった。

SUMMARYのWSでの憔悴した姿を忘れられない。
エイトとして初めての、大阪城ホールでのコンサート 【 前夜祭 】 。
居るはずの人が居ない。
そんなコンサートを、もう一度経験することになるとは思ってもみなかったし
あの時のエイト皆の姿を、初日の初回 『 大阪ロマネスク 』 で暗闇の中涙を拭ってた亮ちゃんを
忘れない。忘れられない。

自分も一緒にその地に居てたのに、こんな事になってしまい
それは勿論ヒヨの自己責任なのは間違いないんだけど
自分を責めて責めてとなってただろう亮ちゃんを思うと、
両方のグループのメンバーに対しても、責任をすごく感じてただろうと思うと
見守ってるしか、応援することしかできない事が辛かったこともありました。

それから2年半。
エイトも、応援するファンも、たくさん泣いて、たくさん笑った年月。
それぞれが、それぞれの想いで色んな気持ちを感じた年月。
それこそ、その人にしか分からない想いで溢れた期間だったと。

どれもこれも憶測でしかなくって、報道される事柄の真相もわからないけど
記者会見でヒヨが言ってた、仲間にずっと励まし見守ってもらっていたことや
ファンからの手紙、そして亮ちゃんからも手紙を貰ったことを聞いて
涙が零れそうになりました。

ファンがたくさん増え、ヒヨが表舞台から姿を消してからのエイトファンもたくさんいるでしょう。
復帰一作目が主演という扱いで、風当たりも強いことでしょう。
茨の道を必死の思いで乗り越えないといけない事がたくさん出てくるでしょう。
失った信用を取り戻すには、相当の覚悟がいることは当たり前です。
だからこそ、何百回も辞めよう、辞めたら楽になると思ったんだろうし、、、。
それでも踏みとどまることを選んでくれた。

そんな事を思ってた時に、亮ちゃんのコメントを読んで又泣きそうになりました。
色んな、大人の事情、世間の目、マスコミの目、それこそ色んなファンの目
自分達が望む道を、必ずしも与えてもらえる訳でもない。
きっと全てわかりきってる亮ちゃんが、こういう形をとってもらえて携わることができることを
不安いっぱいであろうヒヨを、身近に居てサポートできることを
本当に喜んで、関係者の方々に感謝していることがわかりました。
良かったね、亮ちゃん。良かったね、ヒヨ。本当に良かった。

そして、ワタシは今も強く望んでいます。
ヨコ様の言葉をかりるなら、 「 完全体のエイト 」 を。

今のエイトが完全体ではないなんて思ってないので、
今のエイトも間違いなくエイトなんだからと思ってこの言葉を使ってなかったけど
少し振り返ってみて、あの時にヨコ様が言ってくれた言葉を使いました。
あの日からずっと記して伝え続けてくれた、たっちょんの暗号8→1もワタシの胸に在ります。

今も亮ちゃん以外のエイトの皆から、ヒヨの名前が出ないことを
ポジティブに捉えながら、エイトと、今は一人頑張るヒヨを応援したいと思います。

やっぱりこれを言うのあんまり好きじゃないんだけど(苦笑)

内博貴、頑張れ!死ぬ気で頑張れ!
そして宝物を、その両手で掴んで離すな!






こんにちわ☆

素敵なエントリー

ありがとうございました。
hiromiさんの文を読みながら、J-webのトピをまた思い出して喉から胸にかけてが詰まりそうになりました。(意味不明)

はあ…
なんかいっぱい言いたいことがあるけど上手く言えないや。(笑)
とりあえずあったかい言葉が読めて幸せな気分になれました。ありがとです。(;ω;)
よーしこれから先もいっぱい彼らを愛していこう!!(何)
【2008/01/10 16:28】 URL | ちか #-[ 編集]
内君には本当に頑張って欲しいと思います。
あの夏、亮ちゃんと一緒に田口くんも必死で頑張っていたことも、胃が痛くなるような思いも昨日のように覚えているから。
多くの人々の様々な思いを受けて大変だと思いますが、それを乗り切った先に見えてくる何かがきっとあると思うので。

【2008/01/10 22:15】 URL | mayu #/3WEEAIQ[ 編集]
>ちかさん

こちらこそ、コメントありがとうございました。
本当に、言いたい事、書きたい事がありすぎて
今のワタシにはこれが精一杯でした(苦笑)
またいつか、書ける時がくるのかなぁ。
はい!これからもずーっといっぱい彼らを愛して行きましょう!


>mayuさん

そうですね。
博貴には、本当に頑張って欲しいと思いますし、
今は頑張ることしか無いと思います。
何より、これまで枯れることのない涙を流し続けて
博貴を応援してきたファンの為に。。。
これはきれいごとなんですかねぇ

【2008/01/14 16:44】 URL | hiromi #-[ 編集]














hiromiにだけ内緒の話



| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 A candy and a whip, All rights reserved.